世界文化社 公式note

世界文化社の公式noteです。書籍の発行情報やnoteオリジナル連載など。
    • 沢野ひとし【もう一度あの町に行こう】
      沢野ひとし【もう一度あの町に行こう】
      • 18本

      イラストレーター・沢野ひとしさんが、これまでの人生を振り返り、今、もう一度訪れたい町に思いを馳せるイラスト&エッセイです。再訪したり、妄想したり、食べたり、書いたり、恋したりしながら、ほぼ隔週水曜日に更新していきます。

    • ひびこれ家飯
      ひびこれ家飯
      • 173本

      昨日はどんなものを食べましたか? 晴れの日卦の日、隣は何を食う人ぞ。このコーナーは皆さまが日々、ご自宅で食べているものを、ちょっとだけ見せていただき、現代人の食生活の実態に迫ろうという企画です。「毎日凝った料理を作る必要はないんだなあ」「そんなものまで手作りで?」「そういえば今、コレがおいしい季節だね」など、隣人の食卓を垣間見ることで、やる気とか元気とか勇気とかが出てくるかもしれません。ほぼ毎日、お昼に更新していきます。

    • 中澤日菜子【んまんま日記】
      中澤日菜子【んまんま日記】
      • 49本

      この連載では、母、妻、元編集者、劇作家という顔を持つ、新進気鋭の小説家・中澤日菜子さんが、「んまんま」な日常を綴ります。

    • コロナ時代の学校と子ども〜イタリアの校長先生からの提言
      コロナ時代の学校と子ども〜イタリアの校長先生からの提言
      • 6本

      イタリアの科学系名門高校「アレッサンドロ・ヴォルタ高校(以下、ヴォルタ高校)」のドメニコ・スキラーチェ校長先生著『「これから」の時代(とき)を生きる君たちへ』は、5月の発売以降、大きな反響をいただきました。その後、新型コロナの影響による休校を乗り越えて、いかにして安全に、スムーズに学校を再開させたのか――スキラーチェ校長先生が、リアルな情報や子どもたちへの思いを綴る連載です。

    • 話題の本
      話題の本
      • 11本

      世界文化社の新刊や話題の本など、知って得するとっておきの情報をお届けします。

    • すべてのマガジンを表示
  • 沢野ひとし 食べたり、書いたり、恋したり。

    沢野 ひとし
固定された記事

コロナ時代の学校と子ども〜イタリアの校長先生が伝える「これから」の教育〜

9月18日から、イタリアの科学系名門高校「アレッサンドロ・ヴォルタ高校(以下、ヴォルタ高校)」のドメニコ・スキラーチェ校長先生の連載が始まります。それに先立って、…

伊香保温泉・榛名山へ行こう/沢野ひとし

 二十数年ぶりに群馬県・伊香保温泉へ妻と旅に出た。あたりは紅葉が真っ盛りで、空は高く澄みわたり、正に行楽日和であった。  名物の伊香保温泉の黄金(こがね)の湯に…

おうちでできる簡単ハイチ料理「オレンジジュースでさっぱりグリオ」

おうちでグリオを作りました。 グリオは豚肉を、オレンジやレモンなどの柑橘類の果汁に漬け込んでから焼いていく、ハイチ料理です。 噛むたびに口の中に広がるフルーティー…

うつわ/中澤日菜子

 料理と、それを盛り付けるうつわには大きな関係があると思う。  たとえばラーメン。うちは長らくちゃんとしたラーメンどんぶりがひとつしかなく、仕方がないのでそば・…

イタリア、再びリモート学習になる/ドメニコ・スキラーチェ

コロナ時代の学校と子ども〜イタリアの校長先生が伝える「これから」の教育〜vol.5 イタリアの科学系名門高校「アレッサンドロ・ヴォルタ高校(以下、ヴォルタ高校)」の…

ジビエが苦手な人でも大丈夫!「タンドリー・ベニスン(鹿肉)」

来たる11月15日は全国的に狩猟の解禁日です。 野生鳥獣の肉を指すフランス語「gibier:ジビエ」という言葉も、だいぶ日本に定着してきたのではないでしょうか。 さて、ジ…