世界文化社 公式note

世界文化社の公式noteです。書籍の発行情報やnoteオリジナル連載など。
    • ひびこれ家飯
      ひびこれ家飯
      • 155本

      昨日はどんなものを食べましたか? 晴れの日卦の日、隣は何を食う人ぞ。このコーナーは皆さまが日々、ご自宅で食べているものを、ちょっとだけ見せていただき、現代人の食生活の実態に迫ろうという企画です。「毎日凝った料理を作る必要はないんだなあ」「そんなものまで手作りで?」「そういえば今、コレがおいしい季節だね」など、隣人の食卓を垣間見ることで、やる気とか元気とか勇気とかが出てくるかもしれません。ほぼ毎日、お昼に更新していきます。

    • 話題の本
      話題の本
      • 8本

      世界文化社の新刊や話題の本など、知って得するとっておきの情報をお届けします。

    • 沢野ひとし【もう一度あの町に行こう】
      沢野ひとし【もう一度あの町に行こう】
      • 15本

      イラストレーター・沢野ひとしさんが、これまでの人生を振り返り、今、もう一度訪れたい町に思いを馳せるイラスト&エッセイです。再訪したり、妄想したり、食べたり、書いたり、恋したりしながら、ほぼ隔週水曜日に更新していきます。

    • スギアカツキ【たまごのはなし】
      スギアカツキ【たまごのはなし】
      • 55本

      「たまごが一番大好きな食材」という食文化研究家のスギアカツキさんが、その経験と好奇心を生かしたさまざまなアプローチで「たまご」を掘り下げる連載です。

    • 新井由木子【思いつき書店】
      新井由木子【思いつき書店】
      • 100本

      「思いついたことはやってみる」と言うのは、とあるおしゃれカフェの中の小さな書店「ペレカスブック」店主であり、イラストレーターでもある新井由木子さんです。世界文化社delicious webの人気連載【まだたべ】を改題し、食べるモノに限らず、関わるヒトや出来事と奮闘する日々を綴ります。今日も思いつきで色々なことが巻き起こっていますよ。

    • すべてのマガジンを表示
  • 沢野ひとし 食べたり、書いたり、恋したり。

    沢野 ひとし
固定された記事

コロナ時代の学校と子ども〜イタリアの校長先生が伝える「これから」の教育〜

9月18日から、イタリアの科学系名門高校「アレッサンドロ・ヴォルタ高校(以下、ヴォルタ高校)」のドメニコ・スキラーチェ校長先生の連載が始まります。それに先立って、…

変わり餡を考えるのも楽しい「生地から手作りニラ饅頭」

ニラ饅頭を作りました! まずは薄力粉、強力粉、塩、お湯を混ぜて、よく捏(こ)ねて生地を作ります。 豚挽き肉とニラをたっぷり入れた餡を作ったら、生地に詰めて丸め、…

コロナで失われた、子どもたちが真に成長する機会/ドメニコ・スキラーチェ

コロナ時代の学校と子ども〜イタリアの校長先生が伝える「これから」の教育〜vol.2 イタリアの科学系名門高校「アレッサンドロ・ヴォルタ高校(以下、ヴォルタ高校)」の…

楽しい自炊♪満点食材でスタミナ回復「いろどりニラ玉」

本日のメニューはニラ玉です。 材料は、ニラ、卵、豚肉、キクラゲ。 味付けは、塩、砂糖、うま味調味料、コショウ、鶏ガラスープの素。 そしてゴマ油と片栗粉です。 まず…

まったりソロキャンプ飯「ナスのトマトグラタン」で一杯

先日のソロキャンプでは、爽やかなミント風味のハイボールを持って行ったので、お酒に合うナスのトマトグラタンを作りました。 ポイントは、ナスを煮込む前にガーリックと…

ちょっとした、ひと手間でマンネリ脱却「高野豆腐のひじき餡かけ」

食事を植物性食品中心にしようと思ったときに便利なのが、高野豆腐です。 比較的扱いが簡単で美味しい高野豆腐ですが、調理方法がいつも煮物ばかりになるので、今回はちょ…