世界文化社 公式note

世界文化社の公式noteです。書籍の発行情報やnoteオリジナル連載など。
    • ひびこれ家飯
      ひびこれ家飯
      • 181本

      昨日はどんなものを食べましたか? 晴れの日卦の日、隣は何を食う人ぞ。このコーナーは皆さまが日々、ご自宅で食べているものを、ちょっとだけ見せていただき、現代人の食生活の実態に迫ろうという企画です。「毎日凝った料理を作る必要はないんだなあ」「そんなものまで手作りで?」「そういえば今、コレがおいしい季節だね」など、隣人の食卓を垣間見ることで、やる気とか元気とか勇気とかが出てくるかもしれません。ほぼ毎日、お昼に更新していきます。

    • 沢野ひとし【もう一度あの町に行こう】
      沢野ひとし【もう一度あの町に行こう】
      • 21本

      イラストレーター・沢野ひとしさんが、これまでの人生を振り返り、今、もう一度訪れたい町に思いを馳せるイラスト&エッセイです。再訪したり、妄想したり、食べたり、書いたり、恋したりしながら、ほぼ隔週水曜日に更新していきます。

    • 新井由木子【思いつき書店】
      新井由木子【思いつき書店】
      • 103本

      「思いついたことはやってみる」と言うのは、とあるおしゃれカフェの中の小さな書店「ペレカスブック」店主であり、イラストレーターでもある新井由木子さんです。世界文化社delicious webの人気連載【まだたべ】を改題し、食べるモノに限らず、関わるヒトや出来事と奮闘する日々を綴ります。今日も思いつきで色々なことが巻き起こっていますよ。

    • コロナ時代の学校と子ども〜イタリアの校長先生からの提言
      コロナ時代の学校と子ども〜イタリアの校長先生からの提言
      • 9本

      イタリアの科学系名門高校「アレッサンドロ・ヴォルタ高校(以下、ヴォルタ高校)」のドメニコ・スキラーチェ校長先生著『「これから」の時代(とき)を生きる君たちへ』は、5月の発売以降、大きな反響をいただきました。その後、新型コロナの影響による休校を乗り越えて、いかにして安全に、スムーズに学校を再開させたのか――スキラーチェ校長先生が、リアルな情報や子どもたちへの思いを綴る連載です。

    • 話題の本
      話題の本
      • 12本

      世界文化社の新刊や話題の本など、知って得するとっておきの情報をお届けします。

    • すべてのマガジンを表示
  • 沢野ひとし 食べたり、書いたり、恋したり。

    沢野 ひとし
固定された記事

コロナ時代の学校と子ども〜イタリアの校長先生が伝える「これから」の教育〜

9月18日から、イタリアの科学系名門高校「アレッサンドロ・ヴォルタ高校(以下、ヴォルタ高校)」のドメニコ・スキラーチェ校長先生の連載が始まります。それに先立って、…

熊本のヘルシーなご当地グルメ「揚げ卵入り太平燕(タイピーエン)」を作る

皆さんは太平燕(タイピーエン)を知っていますか? 太平燕の元は中華料理ですが、日本の食材を使ってアレンジした熊本の郷土料理としてもおなじみです。 具材は、キクラゲ…

正月疲れの胃に嬉しいギリシャ料理「野菜たっぷりムサカ」

現在、メキシコのとある地方に住んでいるんですが、年末は肉料理ばかりだったので、ちょっと胃が疲れました……。 そこで、野菜をたっぷり使ったギリシャ料理「ムサカ」を…

何度でも行きたい小川山のキャンプ場/沢野ひとし

 2020年は新型コロナウイルスに翻弄された一年であった。毎朝、新聞を開くたびに「また増えた」と目に見えぬ敵に怯え、できるだけ自宅で過ごしていた。  それでも通い慣…

noteを始めようとしたけれどリキャプチャの認証が上手くいかなくて苦しんだことと、人間はどこまで耐えられるのか。

リキャプチャの認証がうまくいかないかたへ。 人間は(生理学的に)どこまで耐えられるのか知りたいかたへ。 「どこまで息を止めていられるか」やってみたことがあるひとへ。…

どこまで本場感を出せるか作ってみた!「マッシュルーム&オレガノのクリームパスタ」

「本場イタリア感を取り入れたパスタ」をフォロワーさんとシェアするために、キノコを使ってクリームパスタを作りました。 イタリアを代表するキノコといえばポルチーニで…