世界文化社 公式note

世界文化社の公式noteです。書籍の発行情報やnoteオリジナル連載など。

クレームは思いやりをもって/新井由木子

草加の、とあるおしゃれカフェの中の小さな書店「ペレカスブック」店主であり、イラストレーターでもある新井由木子さんが、関わるヒトや出来事と奮闘する日々を綴る連載で…

哀愁の温泉宿と椎名誠/沢野ひとし

コートのエリを立てる季節が訪れると、不意に温泉が恋しくなる。出版界が元気だった二十年前は、箱根湯本の温泉宿で対談や新刊の打ち上げなどと、多い時は年に四、五回は温…

秋の夜長はウクレレと紅茶/沢野ひとし

ウクレレは手軽に演奏できる楽器である。ポルトガルの民族楽器が、ハワイアン音楽に溶け込み定着した。小型でどこにでも気軽に持って行け、みんなと合奏もできる。  秋の…

100

焼きうどんの衝撃/沢野ひとし

うどんは熱い汁の中で一生うたた寝をしている食べ物である。キツネうどん、タヌキうどん、月見うどん、テンプラうどんと、だし汁の中で至福の人生を過ごしている。  しか…

100

優雅な避暑地/沢野ひとし

今年の夏の猛暑は人間の思考を停止させ、若者から高齢者まで体調を整えるのが至難の業であった。私はとあるリゾート地にのんびりと避難していた。  高原に別荘を持ってい…

娘の黒糖、母の花林糖/沢野ひとし

二十数年前、娘は奄美諸島の徳之島に一年ほど滞在をしていたことがある。村の食堂で働き、気ままな一人暮らしであった。村の片隅のサトウキビ畑に囲まれた小さな小屋で寝泊…

100