新井由木子【思いつき書店】

100

自分の着たい色を着たら青いキャラが立ちすぎた/新井由木子

袖を通さずに大切にとっておいたのは、『たかね裁縫所(vol.57 昔、オシャレだった参照)』の…

おばさんと呼ばれてゆるす場合とゆるさん場合/新井由木子

『150円ババア』 『コロネババア』  このキョーレツなあだ名は、わたしの営むペレカスブック…

指摘したって仕方ない/新井由木子

世の中には「なすすべがない」ということが往々にしてありますが(思いつき書店vol.074 なすす…

地獄底/新井由木子

さんざん時間とマネーを費やして、最終的に地獄の底が開いたお話です。  あれは3年ほど前の…

クレームは思いやりをもって/新井由木子

草加の、とあるおしゃれカフェの中の小さな書店「ペレカスブック」店主であり、イラストレータ…

ダブル帽子/新井由木子

「思いついたことはやってみる」と言うのは、とあるおしゃれカフェの中の小さな書店「ペレカス…

叔父の葬儀/新井由木子

叔父の葬儀に参列するため、伊豆諸島の新島に行ってまいりました。  長い間、病と闘っていた…

お友達になってください/新井由木子

SNSには『友達申請』という残酷なシステムがあり、一日中悩んだ末に勇気を出して「友達になっ…

太ってますよ/新井由木子

先日、カオリさんという定期的にペレカスブックに絵本を選びにいらっしゃる素敵な方が来店され…

大人の言うことを聞いたほうがいいか聞かないほうがいいか/新井由木子

昔、祖母がお菓子の缶を見せて 「これには絶対触ってはいけないよ」  と言って、それをそのま…