新井由木子【思いつき書店】

20
記事

恐怖! 語りかけるモノ/新井由木子

人でないものが語りかけるということが、世の中には、ほんとうにあるものです。  猫が話すと…

我が家の大声ダイヤモンド/新井由木子

わたし「なんで女は痛風にならないのかねえ!」 父「なるらしいよ、女も。閉経すると」 母「え…

路上にて(かなしみのマグロ)/新井由木子

路上にて。人々はいつもどこかへ向かう途中です。夢が達成される目的地こそが楽園だと思ってい…

新井由木子【思いつき書店】vol.026 口をきく猫の巻

猫が「ママ」と言えるようになりました。  わたしの家に住む2匹の猫の、若いほうの雌猫ナノ…

新井由木子【思いつき書店】vol.019 勘違いの世界の巻

「今年も終わるね」  わたしの娘は幼いころ、この言葉を聞いて12月31日でこの世は終わるのだ…

新井由木子【思いつき書店】vol.018 島のクリスマスとおばさんの絶叫の巻

わたしは昭和40年代の生まれです。幼少時の写真は全てセピア色。十年ひと昔と言いますが、ひと…

新井由木子【思いつき書店】vol.017 湯けむり二つ目の頭事件の巻

銭湯って楽しい。  今は昔ながらの銭湯よりスーパー銭湯が主流になりましたね。わたしの住ん…

新井由木子【思いつき書店】vol.016 海を越えてきた芋たちの巻

今年もまた、母の丹精した畑からアメリカ芋が送られてきました。  これは薩摩芋の一種で品種…

新井由木子【思いつき書店】vol.014 食べ歩けなかったものの巻

ペレカスブックの閉店作業を終えて、その帰り道のことです。  自転車で走っていると、うら若…

新井由木子【思いつき書店】vol.013 謎の種の巻

わたしの生まれ故郷式根島を含む伊豆諸島には、明日葉という美味しい野草が生えています。  …