新井由木子【思いつき書店】

104

わたしがジャック・ニコルソンになった夜/新井由木子

 わたしの営む書店ペレカスブックは、分厚いほっとけーきが人気のカフェ・コンバーションの中…

鬼とケルベロスと般若/新井由木子

 ある人がわたしに対してたいへん怒っていると聞いて、わたしはお詫びに出かけていきました。…