沢野ひとし【もう一度あの町に行こう】

11

哲学堂公園にもう一度行きたい/沢野ひとし

通っていた中野区の小学校は、東中野の家から歩いて三十分の距離にあった。下校時は思い立つと…

もう一度行きたい野辺山駅/沢野ひとし

十代の頃から八ヶ岳に憧れ、四季折々小海線にお世話になってきた。  八ヶ岳山麓をぐるりと取…

もう一度北京の凧揚げおじさんに会いたい/沢野ひとし

北京を初めて訪れたのは、二十数年前の初夏である。紫禁城、天安門広場、万里の長城、天壇公園…

もう一度ルーアンに行きたい/沢野ひとし

十五年前にパリに二カ月間ほど滞在していたことがある。絵本の仕事、パリの出版社のカレンダー…

もう一度本場の餃子を食べたい/沢野ひとし

今年の三月に北京に行く予定になっていた。十三年間我が家にいた犬の思い出を綴った『クロ日記…

ほったらかし温泉にもう一度行きたい/沢野ひとし

三十代の初めの頃に鉱山の発掘・採掘をする山師に憧れを抱いていた。将来は金や銀を求めて各地…

屋久島にもう一度行きたい/沢野ひとし

屋久島は九州本島最南端の佐多岬から南方約60kmに位置する島である。1000mを越える山が30座以…

もう一度あの食堂に行きたい/沢野ひとし

高校二年生の夏に山梨県にある三ツ峠山(みつとうげやま・1785m)に登った。その頃は休日にな…

春の金沢・大野町/沢野ひとし

金沢の町に憧れたのは、室生犀星(むろうさいせい)の作品を読んでからである。十代も終わりの…

掛川への思い/沢野ひとし

歳を取るにつれて、もう一度行ってみたい町や山が、夢の中に出てくる。それは遠くて二度と行け…