沢野ひとし【食べたり、書いたり、恋したり。】

20

真夏の大掃除/沢野ひとし

我が家の大掃除は、お盆の頃に実行している。小掃除は年末に。八月の暑い日の大掃除には力が入…

哀愁の温泉宿と椎名誠/沢野ひとし

コートのエリを立てる季節が訪れると、不意に温泉が恋しくなる。出版界が元気だった二十年前は…

秋の夜長はウクレレと紅茶/沢野ひとし

ウクレレは手軽に演奏できる楽器である。ポルトガルの民族楽器が、ハワイアン音楽に溶け込み定…

100

焼きうどんの衝撃/沢野ひとし

うどんは熱い汁の中で一生うたた寝をしている食べ物である。キツネうどん、タヌキうどん、月見…

100

娘の黒糖、母の花林糖/沢野ひとし

二十数年前、娘は奄美諸島の徳之島に一年ほど滞在をしていたことがある。村の食堂で働き、気ま…

100

夏は野菜で元気に/沢野ひとし

今年の夏は災害に猛暑と、日本中が翻弄された。あまりの暑さに外出しても何度か倒れそうになっ…

100

スイカと迎え馬/沢野ひとし

通っていた千葉市内の高校は麦畑の広がる丘の上にあった。満員の通学バスは、田舎で育ったカボ…

100

八丈島の青トウガラシ/沢野ひとし

何度も呆れるほど通った島は八丈島である。道端にハイビスカスやストレチアの花が咲く南国の気…

100

沢野ひとし【食べたり、書いたり、恋したり。】第11回 押し寿司の季節がやって来た…

我が人生はずっと押されっぱなしの日々であった。積極的に自分から押すのは、二ヶ月に一度の押…

100

幸せの弁当人生/沢野ひとし

高校時代から弁当は自分で作っていた。塩ジャケ、タマゴ焼き、タラコが黄金の三点セットで、入…