note用アイキャッチ

沢野ひとし【食べたり、書いたり、恋したり。】第11回 押し寿司の季節がやって来た。

 我が人生はずっと押されっぱなしの日々であった。積極的に自分から押すのは、二ヶ月に一度の押し寿司くらいのものであった。長方形の木型にすし飯を詰めて、魚介をのせるこの押し寿司には、私の屈折した幸せがぎっしり詰まっている。押し寿司のうれしいところは、手作りの家庭料理ということにつきる。

この続きをみるには

この続き: 1,245文字 / 画像3枚

沢野ひとし【食べたり、書いたり、恋したり。】第11回 押し寿司の季節がやって来た。

世界文化社 公式note

100円

ありがとうございます!嬉しいです!
3
世界文化社の公式noteです。書籍の発行情報やnoteオリジナル連載など。

この記事が入っているマガジン

沢野ひとし【食べたり、書いたり、恋したり。】
沢野ひとし【食べたり、書いたり、恋したり。】
  • 20本

イラストレーター・沢野ひとしさんが“食”にまつわる思い出や発見を、文章とイラストで徒然に綴る連載です。この連載『食べたり、書いたり、恋したり。』をまとめた電子書籍版が、Amazonほか主要電子書店にて絶賛発売中。イラスト満載、沢野節が炸裂の一冊です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。