note_4_身近なプリン

スギアカツキ【たまごのはなし】第4回 手軽に買える実力派。“たまご”を感じるおいしいプリン3選

朝、温かいミルクティーをお供に「カスタードプリン」を食べるのが、私にとって至福の時間です。コレ、シンプルながらも心ほんわか、たまごとミルクと紅茶の魅力を再確認できる組み合わせ。プリンは特別高級なものというより、「いつものお気に入り」がベスト。できれば身近で買えるプリン候補の中に、おいしい選択肢があれば最高です。そこで今回は、「手軽に買える実力派プリン」を3品、厳選してご紹介してみたいと思います。

【おすすめ・その1】焦がしはちみつカラメルのカスタードプリン(ローソン)

画像1

まず1つめは、気軽さナンバーワンのコンビニプリン。これまで何度も食べ比べをしてまいりましたが、毎度毎度ローソンに軍配が上がります。その理由は、万人受けする王道感とシンプルさ。定期的にリニューアルされていますが、少しずつレベルアップ。洋菓子店にも劣らないハイクオリティなおいしさに、いつも驚かされます。これは5月からの新商品ですが、“焦がしはちみつ”の芳醇な香りに心躍るはず。例えて言うなら、“元気をくれる身近な親友”です。

【おすすめ・その2】成城石井 特製焼プリン

画像2

お次は、珠玉のオリジナル商品を配する成城石井。最近新商品として話題の『パステル デ・ナタ(エッグタルト)』や大ヒット商品の『プレミアムチーズケーキ』に代表されるように、卵を使ったスイーツや菓子パンにハズレはありません。プリンは季節によって数種類ありますが、中でもこちらのカスタードプリン『特製焼プリン』は清く正しい逸品です。ローソンの元気さに対し、“上品なお姉さんタイプ”といったところでしょうか。派手なアピールポイントはないですが、プリンのビジュアル・食感・ボリュームともに万人を満足させてくれます。

【おすすめ・その3】朝採りたまごの焼きプリン(セイメイファーム)

画像3

最後にご紹介するのは、私が一番好きなプリン。埼玉のたまご農場「セイメイファーム」の“採れたてたまご”で作られる「焼きプリン」です。このプリンは、関東圏ではスーパーの他、学校給食でも採用されていて、子どもも安心して食べられる、こだわりのシンプル製法なんだそう。私はこのプリンを食べて以来、「たまごの味がする」を理解できるようになりました。100円というリーズナブルなお値段に感謝しつつ、お店で出合うたびに数個単位で購入しています。食べると、しみじみやさしく、心温まる。そんな母のような存在に、いつも食べる喜びを感じさせてもらっています。
http://www.seimei.biz/pudding-asadori.html(農事組合法人 セイメイファーム 商品紹介より) 

※首都圏以外であっても、電話・メール注文が可能です。
http://shop.seimei.biz/(たまご工房セイメイファームWeb店)

※こちらは2018年7月時点での情報です。商品によって販売を終了している場合もあります。ご了承ください。

文・写真:スギアカツキ/食文化研究家。長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを幅広く学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)、女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)が好評発売中。
「みなさん、一番大好きな食べ物ってなんですか? 考えるだけで楽しくなりますが、私は『たまご』という食材に行きつきます。世界中どこでも食べることができ、その国・エリア独特の料理法で調理され、広く愛されている。そしてなにより、たまごのことを考えるだけで、ワクワクうれしい気分になってしまうんです。そこで、連載名を『たまごのはなし』と題し、たまごにまつわる“おいしい・たのしい・うれしい”エピソードを綴っていきたいなと思います」
Instagram:@sugiakatsuki
Twitter:@sugiakatsuki12


ありがとうございます!次回もお楽しみに!
3
世界文化社の公式noteです。書籍の発行情報やnoteオリジナル連載など。

こちらでもピックアップされています

スギアカツキ【たまごのはなし】
スギアカツキ【たまごのはなし】
  • 50本

「たまごが一番大好きな食材」という食文化研究家のスギアカツキさんが、その経験と好奇心を生かしたさまざまなアプローチで「たまご」を掘り下げる連載です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。