見出し画像

娘のチャレンジお菓子「バラのアップルパイ」

お菓子作りが趣味の娘。
「自粛中で時間があるから、手間がかかるお菓子にチャレンジしたよ♪」と作ってくれたのが、バラのアップルパイでした。
リンゴの甘さと、口中にほのかに残る「シャリ」とした食感、そこに香りが染みたパイの「サクッ」感が、超マッチ!
手間がかかっている分、さらに美味しく感じます。
娘から詳しいレシピを聞いたので、みなさんもぜひチャレンジしてみてください!

【16個分材料】
リンゴ 2個
グラニュー糖 大さじ4
バター 20g
冷凍パイシート 2枚

【作り方】
1)リンゴを皮をむかずに4等分して芯を取り、スライサーまたは包丁で2~3mmの厚さに切り、耐熱皿に並べる。
2)グラニュー糖バターを(1)に入れてラップをかけ、電子レンジ500wで4分30秒温める。できたものは汁気を切って粗熱を取っておく。
3)パイシートをタテ30cm×ヨコ12cmに伸ばし、1.5cm幅で8本に切る。
4)切り出したパイシート1本に、5~6枚程度のリンゴを乗せる。乗せるときは、大きいサイズから小さいサイズの順に並べ、リンゴの端と端を少し重ねるようにする。
5)パイ生地の端を少し折り返して芯を作り、巻いていく。巻き終わりはしっかりとパイ生地同士をくっつけて閉じる。
6)200℃に予熱したオーブンで15~20分焼いて、完成。

【調理のポイント】
リンゴの食感を残しつつ、巻きやすいように、リンゴは2~3mmで切るのがベスト。
冷凍パイシートは膨らむ力が強いので、巻き終わりにしっかりつまんでくっつけておかないと、焼き終わりにバラが開いてしまいます。

画像1

画像2

“おうち時間”が増える中、昨日はどんなものを食べましたか? 晴れの日卦の日、隣は何を食う人ぞ。このコーナーは皆さまが日々、ご自宅で食べているものを、ちょっとだけ見せていただき、現代人の食生活の実態に迫ろうという企画です。「毎日凝った料理を作る必要はないんだなあ」「そんなものまで手作りで?」「そういえば今、コレがおいしい季節だね」など、隣人の食卓を垣間見ることで、やる気とか元気とか勇気とかが出てくるかもしれません。毎日お昼に更新しています。
●投稿大募集●
【ひびこれ家飯】コーナーでは、皆さまからの投稿を募集しています。
#ひびこれ家飯 を付けてツイートをお願いします。
スキありがとうございます!
2
世界文化社の公式noteです。書籍の発行情報やnoteオリジナル連載など。

こちらでもピックアップされています

ひびこれ家飯
ひびこれ家飯
  • 83本

昨日はどんなものを食べましたか? 晴れの日卦の日、隣は何を食う人ぞ。このコーナーは皆さまが日々、ご自宅で食べているものを、ちょっとだけ見せていただき、現代人の食生活の実態に迫ろうという企画です。「毎日凝った料理を作る必要はないんだなあ」「そんなものまで手作りで?」「そういえば今、コレがおいしい季節だね」など、隣人の食卓を垣間見ることで、やる気とか元気とか勇気とかが出てくるかもしれません。ほぼ毎日、お昼に更新していきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。