見出し画像

他のこともやりながら!オーブンでフランス料理「アッシェ・パルマンティエ」

冷蔵庫の中を見ると、買い置きしてあったひき肉と、前日に作ったマッシュポテトが入っていました。
この日は帰宅時間が遅く、さらに調理中に家の仕事もこなしたかったので、調理に待ち時間があるオーブン料理を作りたいと考えました。
というわけで夕食は、Hachis parmentier(アッシェ・パルマンティエ)に決定です。

作り方は、ひき肉玉ねぎマッシュルームをじっくり炒め、白ワインローリエタイムを加えて水気がなくなるまで煮詰めます。
型に移して上にマッシュポテトをのせ、パルメザンチーズを振りかけたらオーブンで20分ほど焼いて完成です。
ひき肉は、あえてほぐさずに焼くことで、肉の存在感を残しました。
焼き上げるのに耐熱皿ではなく抜き型を使ったのは、盛り付けを楽しくする“遊び心”です。

私は曜日ごとに作る料理のジャンルを決めておりまして、この日はフランス料理を作る日でした。

アッシェ・パルマンティエはフランス語で、「細かく刻んだ(アッシェ)」と「ジャガイモ料理(パルマンティエ)」の意味を持つ、フランスの家庭料理です。
フランス料理というと洗練された高級な印象が強いですが、こういう素朴なものもまた良いですよね。

画像1

画像2

“おうち時間”が増える中、昨日はどんなものを食べましたか? 晴れの日卦の日、隣は何を食う人ぞ。このコーナーは皆さまが日々、ご自宅で食べているものを、ちょっとだけ見せていただき、現代人の食生活の実態に迫ろうという企画です。「毎日凝った料理を作る必要はないんだなあ」「そんなものまで手作りで?」「そういえば今、コレがおいしい季節だね」など、隣人の食卓を垣間見ることで、やる気とか元気とか勇気とかが出てくるかもしれません。平日のお昼に更新しています。
●投稿大募集●
【ひびこれ家飯】コーナーでは、皆さまからの投稿を募集しています。
#ひびこれ家飯 を付けてツイートをお願いします。
スキありがとうございます!
12
世界文化社の公式noteです。書籍の発行情報やnoteオリジナル連載など。