アイキャッチ

沢野ひとし【食べたり、書いたり、恋したり。】第4回 佐野洋子さんのイス

 佐野洋子さんと親しくなったのは、彼女が多摩市連光寺に新築を建てた頃である。家の隣が桜ヶ丘公園で、春は花の雲が空一面に広がっている。
 私の住む町田から車で二十分の距離と近い。絵本の出版社こぐま社を退職してフリーになった四十歳の頃で、阿呆に付ける薬はなしといった状態で、毎日街や山で遊びまわっていた。

 洋子さんの家は山小屋のように至ってシンプルな造りで、私は友人を誘い酒ばかりごちそうになっていた。洋子さんは料理もとてもうまかった。しかしこれでは申し訳がないので、早目に行ってはガラス磨きや部屋の掃除を率先して手伝っていた。

この続きをみるには

この続き: 1,054文字 / 画像2枚

沢野ひとし【食べたり、書いたり、恋したり。】第4回 佐野洋子さんのイス

世界文化社 公式note

100円

ありがとうございます!嬉しいです!
世界文化社の公式noteです。書籍の発行情報やnoteオリジナル連載など。

この記事が入っているマガジン

沢野ひとし【食べたり、書いたり、恋したり。】
沢野ひとし【食べたり、書いたり、恋したり。】
  • 20本

イラストレーター・沢野ひとしさんが“食”にまつわる思い出や発見を、文章とイラストで徒然に綴る連載です。この連載『食べたり、書いたり、恋したり。』をまとめた電子書籍版が、Amazonほか主要電子書店にて絶賛発売中。イラスト満載、沢野節が炸裂の一冊です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。