見出し画像

野菜たっぷりオーストリア料理「パラチンケン」を作ってみた

世界のレシピ本を読んでいたときに、パラチンケンというオーストリア料理を見つけました。
これがとても美味しそうだったので、試しに自宅で作ってみました。

【材料】
生地・・・
 卵 1個
 薄力粉 100g
 牛乳 250ml
 塩 小さじ1/2
 サラダ油 大さじ1
具材・・・
 玉ねぎ 1/4個
 鶏むね肉 200g
 人参 1/4本
 ブロッコリー 100g
 バター 20g
 塩こしょう 適量
 ミックスチーズ 150g

【作り方】
1)玉ねぎを薄切り、人参はいちょう切り、ブロッコリーと鶏むね肉は一口サイズに切る。
2)ボウルに卵と塩を入れ、泡立て器で混ぜる。薄力粉を加え、牛乳を混ぜながら足す。
3)フライパンにサラダ油を熱して2の生地を広げる。弱火で表面が乾くまで焼き、裏返してキツネ色になるまでさらに焼く。
4)別のフライパンにバターを熱し、中火で玉ねぎをしんなりするまで炒める。鶏むね肉と人参を加え、火が通るまで炒める。ブロッコリーを加え、塩こしょうを振り、サッと炒める。
5)3の生地の半分に4の具材をのせて、たたむように包む。上にチーズをのせ、230℃のオーブンで8分間焼く。


パラチンケンは、薄焼きの生地で具材を挟んだクレープのような料理です。
はじめて作ってみたけれど、チーズたっぷりで息子も大興奮!
息子の苦手なブロッコリーを入れたのですが、全然気にせず食べてくれました。
今回ご紹介したような、子どもたちも楽しめる献立や簡単レシピを『こどもごはん はらぺこたろうの毎日の献立』としてブログにまとめています。
よろしければご覧ください。

画像1

画像2

“おうち時間”が増える中、昨日はどんなものを食べましたか? 晴れの日卦の日、隣は何を食う人ぞ。このコーナーは皆さまが日々、ご自宅で食べているものを、ちょっとだけ見せていただき、現代人の食生活の実態に迫ろうという企画です。「毎日凝った料理を作る必要はないんだなあ」「そんなものまで手作りで?」「そういえば今、コレがおいしい季節だね」など、隣人の食卓を垣間見ることで、やる気とか元気とか勇気とかが出てくるかもしれません。毎週金曜日のお昼に更新していきます。
●投稿大募集●
【ひびこれ家飯】コーナーでは、皆さまからの投稿を募集しています。
#ひびこれ家飯 を付けてツイートをお願いします。
もしよかったらフォローもしてみてくださいね!
24
世界文化社の公式noteです。書籍の発行情報やnoteオリジナル連載など。