黒糖で元気に

娘の黒糖、母の花林糖/沢野ひとし

 二十数年前、娘は奄美諸島の徳之島に一年ほど滞在をしていたことがある。村の食堂で働き、気ままな一人暮らしであった。村の片隅のサトウキビ畑に囲まれた小さな小屋で寝泊りをしていた。
 我が家には黒いラブラドール・レトリーバーがいたが、娘は「会いたい」とよく電話をしてきた。そこで妻と犬と“三人”で夏休みに飛行機に乗って徳之島を訪れた。
 空港の出口で娘は手を振って立っていたが、犬はよほど嬉しいのかリードをぐいぐい引っ張り、娘に飛びついてちぎれんばかりに尻尾を震わせていた。

サトウキビ畑

この続きをみるには

この続き: 1,202文字 / 画像5枚

娘の黒糖、母の花林糖/沢野ひとし

世界文化社 公式note

100円

スキありがとうございます!
3
世界文化社の公式noteです。書籍の発行情報やnoteオリジナル連載など。

この記事が入っているマガジン

沢野ひとし【食べたり、書いたり、恋したり。】
沢野ひとし【食べたり、書いたり、恋したり。】
  • 20本

イラストレーター・沢野ひとしさんが“食”にまつわる思い出や発見を、文章とイラストで徒然に綴る連載です。この連載『食べたり、書いたり、恋したり。』をまとめた電子書籍版が、Amazonほか主要電子書店にて絶賛発売中。イラスト満載、沢野節が炸裂の一冊です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。