アイキャッチ

沢野ひとし【食べたり、書いたり、恋したり。】第5回 すべての鍋よ、応答せよ

 冬には鍋料理の人気が高い。湯豆腐、寄せ鍋、キムチ鍋と、毎日のように鍋が食卓に並ぶ。我が家ではこの数年みぞれ鍋の登場回数が多い。「霙(みぞれ)」は雨と雪がまじって降る。したがって大根おろしを大量に使う。雪見鍋は大根おろしが少量である。たいした違いはない。鍋料理に厳密さを求めても、煮たってしまうと結果として寄せ鍋にかぎりなく近づいてしまう。

 数年前までは大量の大根おろしを最初から鍋に入れていたが、少しずつ変化してきた。ただ一つ譲れないのは、みぞれ鍋は“白”で統一して欲しい、というところである。色の付いたものは唐辛子一本にとどめたい。

この続きをみるには

この続き: 1,155文字 / 画像3枚

沢野ひとし【食べたり、書いたり、恋したり。】第5回 すべての鍋よ、応答せよ

世界文化社 公式note

100円

嬉しいです!他の記事もぜひ読んでみてくださいね!
4
世界文化社の公式noteです。書籍の発行情報やnoteオリジナル連載など。

こちらでもピックアップされています

沢野ひとし【食べたり、書いたり、恋したり。】
沢野ひとし【食べたり、書いたり、恋したり。】
  • 20本

イラストレーター・沢野ひとしさんが“食”にまつわる思い出や発見を、文章とイラストで徒然に綴る連載です。この連載『食べたり、書いたり、恋したり。』をまとめた電子書籍版が、Amazonほか主要電子書店にて絶賛発売中。イラスト満載、沢野節が炸裂の一冊です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。