見出し画像

行田の郷土料理は母の味。「ゼリーフライ」を作る

母が作るゼリーフライは、我が家の定番料理です♪
「ゼリーのフライ⁈ うぇ~、なんだそれ!」と思った、そこのあなた!
……ゼリーフライは、お菓子のゼリーを使った料理ではありませんっ!

ゼリーフライは、おからを使った小判状のコロッケで、「銭フライ」と呼ばれていたものがなまって「ゼリーフライ」になったと言われている、埼玉県行田市の郷土料理です。
おからを美味しく食べられて、しかも栄養も満点!
家族みんなが大好きな料理です。

【材料 (18個分)】
おから 300g
ジャガイモ 300g(約4個)
タマネギ 100g(約1/2個)
ニンジン 50g(約1/2個)
スキムミルク(なくてもOK) 大さじ2
薄力粉 30g
卵 1個
塩・こしょう 少々
ウスターソース 適量

【作り方】
1)ジャガイモを茹でてフォークの背でつぶし、熱いうちにスキムミルク、塩、こしょうを加えて、よく混ぜる。
2)おからに、みじん切りにしたタマネギとニンジン、薄力粉、1を加えてよく混ぜ、溶いた卵を入れて、しっとりするまで混ぜる。
3)2を50gくらいずつ取り分け、小判型になるように形を整える。
4)160℃の油で、好みの色になるまで揚げる(目安は片面2~3分)。
5)揚げたてを、ウスターソースにサッとくぐらせて出来上がり♪

私は3の状態で、冷蔵庫で1〜2時間ほど寝かせてから揚げます。
その方が、具材が馴染んで、よりおいしく感じられます。
ソースは、ウスターソースと中濃ソースを混ぜてもおいしいです。
パサついて形にならない時は、牛乳を少しずつ加えて混ぜると、形を整えやすくなります。

クックパッドでも母がレシピを紹介しています。
よろしければご覧ください↓
https://cookpad.com/recipe/1137672

画像1

画像2

“おうち時間”が増える中、昨日はどんなものを食べましたか? 晴れの日卦の日、隣は何を食う人ぞ。このコーナーは皆さまが日々、ご自宅で食べているものを、ちょっとだけ見せていただき、現代人の食生活の実態に迫ろうという企画です。「毎日凝った料理を作る必要はないんだなあ」「そんなものまで手作りで?」「そういえば今、コレがおいしい季節だね」など、隣人の食卓を垣間見ることで、やる気とか元気とか勇気とかが出てくるかもしれません。毎週金曜日のお昼に更新していきます。
●投稿大募集●
【ひびこれ家飯】コーナーでは、皆さまからの投稿を募集しています。
#ひびこれ家飯 を付けてツイートをお願いします。

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

またぜひ読んでくださいね!
14
世界文化社の公式noteです。書籍の発行情報やnoteオリジナル連載など。