黒いマントの男

焼きうどんの衝撃/沢野ひとし

 うどんは熱い汁の中で一生うたた寝をしている食べ物である。キツネうどん、タヌキうどん、月見うどん、テンプラうどんと、だし汁の中で至福の人生を過ごしている。
 しかし油断をしていたのか悠然と構えているうちに、気が付くといつの間にか、うどんは焼かれていた。

 私の焼きうどんとの衝撃的な出合いは十九歳の秋であった。中野のブロードウェイの近くに、昭和の匂いの食堂があった。カレーライスからカツ丼、焼きソバまでと、なんでも早く安い。
 私はその店で、「焼きうどん」なるメニューにはじめて出合った。主人に
「焼きソバは分かりますが、焼きうどんとは?」
 と質問すると、
「旨いよ」
 と一言だけ返ってきた。店主の娘のような店員もうなずいていた。キャッチボールのようなやり取りを期待していたが、おそらく相手は、料理のことなどよく分かりもしない若造と話したくはなかったのだろう。

秋は焼きうどん

この続きをみるには

この続き: 1,127文字 / 画像4枚

焼きうどんの衝撃/沢野ひとし

世界文化社 公式note

100円

ありがとうございます!コメントもお待ちしています!
9
世界文化社の公式noteです。書籍の発行情報やnoteオリジナル連載など。

こちらでもピックアップされています

沢野ひとし【食べたり、書いたり、恋したり。】
沢野ひとし【食べたり、書いたり、恋したり。】
  • 20本

イラストレーター・沢野ひとしさんが“食”にまつわる思い出や発見を、文章とイラストで徒然に綴る連載です。この連載『食べたり、書いたり、恋したり。』をまとめた電子書籍版が、Amazonほか主要電子書店にて絶賛発売中。イラスト満載、沢野節が炸裂の一冊です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。