見出し画像

画家モネから学んだ秋の味「栗のガトー」を作ろう/スギアカツキ

直島での思いがけない出会い

先日、夏の終わりの締めくくりとして、いえ秋の訪れを楽しく迎えるために、旅に行ってまいりました。
向かった先は、香川県・香川郡・直島町。“芸術の島”と称されているこの島には、建築家・安藤忠雄が造り出したホテルや美術館、数々の現代アートが優美に存在しています。
海外渡航が制限されている2020年、かねてより安藤ファンである私は、念願の直島へ行くことを決めました。

画像9

直島滞在中、月夜の晩に輝く「南瓜」(草間彌生)

滞在中、安藤建築にどっぷり心酔し理解を深めながらも、私の食アンテナが刺激されたことがありました。
それは「自然と人間を考える場所」をコンセプトに安藤氏が設計した地中美術館での出合い。
『睡蓮』で有名なクロード・モネが、実は大いなる美食家であり、独自のレシピを“6冊のノート”で残すほどの料理家でもあったということ。

美術館のミュージアムショップには、モネが残したレシピを元にした書籍も置かれていたため、私はそれらを残らず購入。
そこには、単なるレシピ集にとどまらない、食へのこだわりや執着が窺え、モネの人間像までも垣間見えるようで、すっかり夢中になってしまいました。

さっそく「栗のガトー」を作ってみましょう

ここで今回ご紹介したいのが、モネのレシピの中で、私が一目惚れをしたスイーツ「栗のガトー」。
栗とたまごが主役の、秋らしい西洋菓子です。

画像9

秋の食材として昔から愛されている栗ですが、いざ皮を剥くとなると一苦労ですよね。
でも、そんな面倒臭さを忘れさせてくれる存在が、私にとっては「モネ」と「たまご」という2大巨匠。
モネが生み出したおいしい世界の中で、香り高い栗のお菓子を作れるのであれば、多少手間がかかっても頑張ってみたいなと思わせるパワーがありませんか?

そこで『モネ 庭とレシピ』(林 綾野、講談社)で紹介されているレシピを頼りに、自分の都合で食材の量や好みは多少アレンジを利かせながら、作ってみることにしました。
まずは最初の難関、栗の皮剥きです。

画像3

このために朝早起きをして作業に向き合ってみると、意外とストレスなくできることに気が付きました。
おそらく何事も、早朝の仕事が捗(はかど)るのと同じでしょうね。

皮を剥いた栗、牛乳、砂糖(私はメープルシュガーをチョイス)を鍋に入れて、弱火で30分コトコト煮ていきましょう。

画像4

火を止めてバニラオイルとラム酒を少量加えて、ミキサー(レシピではラム酒の記載なし。ミキサーではなく、“濾(こ)す”と書かれています)へ。
なめらかになった栗ペーストにバターを加えて混ぜ、さらに卵黄を加えます。

画像5

最後に、卵白を十分に泡立てたメレンゲを加えて、手早く混ぜ合わせ、耐熱皿に入れてオーブンで30分焼いていきます。

画像6

この30分間にどのような幸せが訪れるかは、実践した人のみが体験することになるでしょう。
なんとも言えぬ栗とバターとたまごの香りは、多くの食いしん坊を魅了するに違いありません。

さあ、焼き上がりました。

画像7

ここでレシピには大事な注意書きが。
それは、「しっかり冷やしてから食べる」というモネからの伝言です。
余熱をしっかり取り、一晩冷蔵庫で冷やしていただくことにしましょう。

画像8

生地はしっとりとしていて濃厚なチーズケーキのようなテクスチャー。
これをスプーンですくい、アイスクリームを添えてみました。

画像9

食べるまでにそれなりの時間や労力がかかりますが、口に入れた瞬間、その苦労が報われる感動が訪れることでしょう。
手をかけるという行為は、気持ちをそこにしっかりと傾けることにも繋がりますよね。
日頃の自分自身のあり方を浄化してくれるような、私にとっては特別なレシピとなりました。

美味しいから作ってみて!という安易なオススメではなく、ちょっと疲れを感じたときにこそ、時間をかけて丁寧に、ぜひ作ってみていただきたい一品です。

2020年はとっても特別な年。
さまざまなストレスを感じている方も多いと思いますが、巨匠モネの食への探究心をきっかけに、芸術や自然、食への好奇心を膨らませてみるのはいかがでしょうか?

材料と作り方はこちらです

「栗のガトー」※『モネ 庭とレシピ』を参考に、若干アレンジした内容を記載しています。

【材料5人分】
和栗(皮つき) 500g
牛乳 300ml
メープルシュガー 60g
バター(発酵バターがオススメ) 60g
卵 2個
バニラオイル 5滴
ラム酒 大さじ1

【作り方】
1)栗の皮に切り込みを入れ、5分茹でる。専用剥き器もしくは包丁で皮を剥いて鍋に入れる。
2)鍋に牛乳、メープルシュガーを加えて火にかけ、フツフツしてきたらフタをして弱火で30分煮る。火を止めてバニラオイルとラム酒を加える。
3)2をミキサーに入れてなめらかになるまで撹拌する。ボウルに取り出して、バターを加える。冷たいバターを加えるのがオススメ。
4)卵を卵黄と卵白に分けて、卵白を撹拌してメレンゲにする。卵黄は3のボウルに加えて混ぜ合わせ、最後にメレンゲも加えて、耐熱皿に注ぐ。
5)180℃に予熱しておいたオーブンで30~35分焼く。
6)粗熱が取れたら冷蔵庫で一晩寝かせて、翌日にアイスクリームなどを添えていただく。

画像10

この連載では、「たまごが一番大好きな食材」という食文化研究家のスギアカツキさんが、その経験と好奇心を生かしたさまざまなアプローチで「たまご」を掘り下げていきます。【たまごのはなし】は、ほぼ隔週火曜日に掲載します。

文・写真:スギアカツキ/食文化研究家。長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを幅広く学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)、女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)が好評発売中。
「みなさん、一番大好きな食べ物ってなんですか? 考えるだけで楽しくなりますが、私は『たまご』という食材に行きつきます。世界中どこでも食べることができ、その国・エリア独特の料理法で調理され、広く愛されている。そしてなにより、たまごのことを考えるだけで、ワクワクうれしい気分になってしまうんです。そこで、連載名を『たまごのはなし』と題し、たまごにまつわる“おいしい・たのしい・うれしい”エピソードを綴っていきたいなと思います」
Instagram:@sugiakatsuki

ありがとうございます!次回もお楽しみに!
207
世界文化社の公式noteです。書籍の発行情報やnoteオリジナル連載など。

こちらでもピックアップされています

スギアカツキ【たまごのはなし】
スギアカツキ【たまごのはなし】
  • 55本

「たまごが一番大好きな食材」という食文化研究家のスギアカツキさんが、その経験と好奇心を生かしたさまざまなアプローチで「たまご」を掘り下げる連載です。

コメント (2)
素敵な記事をありがとうございます。旬の食材と巨匠の繋がり、楽しく、そして美味しく拝読しました。巨匠は広大な庭をお持ちだったので、栗の木もあったのかな~って楽しく想いを巡らせました。
わにさん。さん、
こちらこそ素敵なコメントをありがとうございます。
モネが愛し奏でた美しい庭の中で熟した栗を拾って丁寧に生み出す焼き菓子。
想像しただけでも幸せな気分になりますよね。
栗のガトー、穏やかな気持ちで楽しく作ってみていただけたら嬉しく思います。
美しく、おいしく、楽しい想像力が少しでもご一緒に共有できたのであれば私としても幸せです♪ (スギアカツキ)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。